看護師の新たな役割

先進医療の普及に伴い、遺伝子治療を提供する事が出来る医療機関も増加傾向にあります。ゲノム解析を行っている大学病院や先進医療を積極的に取り入れている医療機関などでは、遺伝子治療の一環として血液検査により遺伝子解析を行い、未然に先天的な異常を確認する事が出来るようにもなってきています。この医学的に新たな試みは、遺伝子治療の専門的な知識を持つドクターだけが行うものではなく、医療スタッフの一員である看護師にも遺伝子解析や先天性異常の知識が求められるようになってきており、先進医療を提供する臨床現場では、看護師の担う責務にもより重要性が増してきている状態です。

とりわけ、遺伝子が原因とされる病気を予見できる遺伝子カウンセリングでは、専門資格を持つ看護師もカウンセリングを行うようになってきており、各相談者へ向けて適切なアドバイスを提供するケースが目立ち始めています。遺伝子カウンセラーの専門資格を持つ看護師は、先天性の異常や高齢出産が原因となる各種の遺伝的な疾患の問題に対応し適切なアドバイスを提供する必要がある為、クライアントの心理面の負担や倫理的な問題も加味した上で、最善の対応策を提示することが必要とされます。そのため、この専門資格を取得した看護師は、医療従事者としての役割に加え、よきアドバイスを提供できるカウンセラーとしての役割も担うことになり、頻発する先天異常に対応する事が求められているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です