遺伝子治療の展望

遺伝子多型が知られるようになったことにより、遺伝子の個人差によって病気へのなりやすさや薬の効き方などに違いが生じるということがだんだんと分かるようになってきました。遺伝子診断によって遺伝子多型が判別できるようになったこともあり、遺伝子診断を活用した医療も実施されるようになってきています。遺伝病は遺伝子多型の一種と考えることも可能であり、遺伝子が正常な人と微妙に異なることによって病気を患ってしまうことになっていると言えるでしょう。

遺伝病や遺伝子多型による不利益をなくすための方法として考案され、実施例も増えてきているのが遺伝子治療です。遺伝病や遺伝子多型の場合に多い現象として、ある遺伝子からできるタンパク質が正常に機能していないために病的な状態が生じてしまっているというものがあります。そういった場合に、正常な機能を示すタンパク質を作れる細胞を導入することにより、恒常的に正常なタンパク質を供給できるようになるでしょう。その細胞の導入を行うのが、遺伝子治療の一つのアプローチです。治療法は未だに技術的な発展段階にあることから、これからの技術開発によって臨床応用が増えていくと期待されています。新しい治療の分野として注目に値するものであり、将来的に医療現場で活躍したいと考えている場合には技術習得を考慮すると良い分野の一つでしょう。将来の需要を見越して遺伝子治療を学ぶことで、一歩リードして医療業界に君臨できると期待できるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です